スポンサーリンク

消毒液・アルコールが売り切れ!?ウィルスを殺す消毒液の代用品

スポンサーリンク

新型コロナ影響により、マスクだけでなく、消毒液も品薄状態が発生してきています。

ならば、自分で消毒液を作れないのかと思いませんか。

消毒と言えば、アルコールを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、アルコール以外にも殺菌効果がある薬品もあり、自分で消毒液をつくる事ができます

その、除菌効果のある薬品は、市販の薬品ですが、取り扱いに注意が必要となりますので、そんな取り扱い注意方法も含めた、手作り消毒液の作り方を紹介します。

自分で消毒液を作る方法
スポンサーリンク

消毒液の成分を調査

市販の消毒液には、アルコールタイプと、非アルコールタイプのものがあります

アルコールタイプのものは、刺激性のる成分である為、手荒れの原因になることから、最近は、手荒れしにくい消毒液として、非アルコールタイプのものが販売されています。

この2つの主な成分や、用途を比較すると下記の様なものになります。

 アルコールタイプ非アルコールタイプ
主な成分エタノール次亜塩素酸ナトリウム
用途手・指・家具など調理用具・衣類など
有効な病原体一般細菌、結核菌、ウィルスなど全ての微生物
効果が薄い病原体ノロウィルス等特になし

新型コロナ影響で、消毒液が品薄になっていますが、アルコールタイプの消毒液の原料である、エタノールも徐々に品薄・価格上昇してきています。

エタノールも入手が難しくなった場合には、次亜塩素酸ナトリウムを利用する事で、消毒液をつくる事ができます

スポンサーリンク

アルコールタイプの消毒液

先ほど、説明したとおり、アルコールタイプの消毒液の原料は、エタノールです。

こんな、ボトルに入って販売されています。

無水エタノール

一般的に、アルコールタイプの消毒液は、エタノールを70%~80%の濃度に薄められています。

2020年3月現在、通常の1.5倍程度の価格に高騰してきていますので、早めに1本購入しておきても良いと思います。

無水エタノールP 500ml(掃除)
いとうネット通販
¥ 2,380(2021/01/10 09:14時点)

消毒液の作り方(エタノール編)

基本的に、エタノール精製水で希釈して(薄めて)作成しますので、作成方法は、いたって簡単です。

アルコールによる消毒液の成分
  • エタノール
  • 精製水

精製水とは、純度100%の水(HO)です。

水道水を使用しても良いですが、長期保存ができませんので、水道水を使う場合には、1~2週間程度で使いきれる分に小分けにして作りましょう

また、できるだけ、不純物を取り除く為、浄水器を使ったものが良いです。

エタノール自身の殺菌力は、濃度が濃い方が、殺菌力が高いですが、エタノールの特性として、揮発性が強い為、あまり濃度が濃いものだと、菌を殺す前に、エタノールが蒸発してしまう為、濃すぎるものは消毒効果が無くなります。

よって、希釈する際のエタノールの濃度は、80%くらいが消毒効果が最も高く、60%以下になると、十分な消毒効果が期待できません。

また、エタノールは、刺激性の他、蒸発する際に水分を一緒に吸い取ってしまう効果がある為、濃度が濃いと手荒れを起こすことがあるので、使い方によって調整が必要です。

エタノールタイプの消毒液に関する注意事項
  • 揮発性・引火性があるので、窓を開けて、火のそばでは作業しない
  • 濃度の濃いものは、手荒れの原因になる為、手袋を着用する

その他、アルコール性の消毒液としては、イソプロパノールが使用できますが、そもそもの入手しずらい薬品である点と、親水性ウイルス(ノロウイルスなど)に対する効果はエタノールよりも劣ってしまうようです。

スポンサーリンク

非アルコールタイプの消毒液(キッチンハイターなど)

非アルコールタイプで、殺菌効果のある原料とは、いわゆる、次亜塩素酸ナトリウムです。

ちょっと難しい薬品の様に思われるかもしれませんが、いわゆる、塩素系漂白剤ですね。

市販品でいうと、 厨房用除菌漂白剤として販売されている「キッチンハイター」や、 浴室内のカビ除去で販売されている「カビキラー」という製品が有名かと思います。

キッチンハイター

消毒液の作り方(次亜塩素酸ナトリウム編)

基本的に、アルコールタイプと同様に、次亜塩素酸ナトリウム精製水で希釈して(薄めて)作成しますが、純粋な次亜塩素酸ナトリウムは、手に入りにくい為、塩素系漂白剤を薄めて作成します。

次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液の成分
  • 次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)
  • 精製水

厚労省のHPによると、「物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効」 とされています。

>>厚生労働省のHP「新型コロナウィルスに対するQ&A(医療機関&検査機関向け)」は、こちらを参照

身の回り品に利用する場合には、さらに、それを約5~10倍に薄める事で、次亜塩素酸ナトリウムを0.02~0.05%で希釈された消毒液として利用できます。

キッチンハイターカビキラーの次亜塩素酸ナトリウムの濃度は、

  • キッチンハイターは、6%
  • カビキラーは、0.5%

となっています。

つまり、キッチンハイターであれば、約200倍に希釈する事で、身の回り品に使用する消毒液として利用する事ができます。

500mlのペットボトルに、ペットボトル半分~1杯程度で薄める感じですね。

特売花王販売キッチンハイター 600ml 3入り
おまとめマーケット
¥ 778(2020/03/06 06:14時点)

キッチンハイターの原液は、非常に高いアルカリ性になっています。希釈液であっても、手荒れなど皮膚を傷める危険性があります。

原液を直接さわると「ぬるっと」した肌触りかと思いますが、それは、成分自体にぬめりがあるわけではなく、皮膚が解けています。髪の毛を、入れると1分~2分で溶けてしまいます。

次亜塩素酸ナトリウムタイプの消毒液に関する注意事項
  • 作業する場合には、手袋をつける、換気をする
  • 酸性のものと混ぜたり、お湯でまぜない(殺菌力が落ちます)
  • 暗いところに保管する
  • 使用後には、水拭き・水洗いする
  • 霧吹きなどでの利用はしない

その他、過酸化ナトリウム(液体)・過酸化水素水(粉末)を原料とする酸素系漂白剤というものも、殺菌効果があります。

しかし、二酸化チオ尿素やハイドロサロハイトと呼ばれる、還元型漂白剤に関しては、殺菌効果は無い為、間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

余った時に活用方法

今回、紹介した非アルコールタイプの消毒液の原料である、キッチンハイターやカビキラーは、使いきれなく余っても、十分にご家庭で活躍する事ができると思います。

無水エタノールに関しては、電子機器の清掃や、化粧水などにも利用する事が可能です

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナの影響で、マスクについては、既に入手が困難な状況や、普段の10倍以上の価格になっています。

高濃度のアルコール飲料である、ポーランドのウオッカ「スピリタス」が品薄になるなど、アルコール関連商品については、価格が高騰してきている状態です。

次亜塩素酸ナトリウムなど、非アルコールタイプの除菌効果がある薬品について、まだ、通常価格で販売されている様です(2020年3月現在)。

このまま、コロナの感染が拡大すると、マスクの様に品薄状態になってしまう可能性もありますので、早めに確保しておいてはいかがでしょうか?

無水エタノールP 500ml(掃除)
いとうネット通販
¥ 2,380(2021/01/10 09:14時点)
特売花王販売キッチンハイター 600ml 3入り
おまとめマーケット
¥ 778(2020/03/06 06:14時点)
ブログランキングに参加中!クリック応援よろしくお願いします♪
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
DIY
スポンサーリンク
ご覧いただきましてありがとうございました。
この記事が参考になりましたら、
いいね!をお願いします。
最新情報をお届けします。
SNSへシェアして頂けると嬉しいです。
~得道(とくどう)~

コメント

タイトルとURLをコピーしました